one thing or another

kiyo's diary

福祉フェスティバル本番でした。

9月4日(日)は、ひらた福祉フェスティバルの本番でした。

何年連続になるんだろうね。自分がこの楽団に入った時から出てるから、かなりの回数になると思います。


例年通り開会宣言の後のファンファーレも担当。演奏した曲は…

以上4曲でした。

今年の演奏会はステージ上じゃなく、フロアに降りて演奏することが決まってる。改めて会場を借りてチェック!なんてことはできないから、いい経験になった。

予想していたけれど、前日のリハーサルとお客さんが入った本番では、演奏の聴こえかたが結構違っていました。

パッと思い付くところでは…

  • リハでは響きがモヤモヤで、しっかりアタックしないと何をしてるのか解りづらかったのが、お客さんが入ったことで響きがなくなってわりとハッキリ聴こえたなってこと。
  • 低音パートが以外と弱く聴こえること(本番では遠目で聴いてないからわからないけど)
  • 全体が広がっていたのもあるけれど、percの小物楽器類の強さが適当かどうかが解らなかったこと。
  • 雛壇がなかったため、金管楽器群が聴こえなかった(特にTrb)し、聴こえてもすごく遠くに感じたこと。

ぐらいかな?


でもこの辺の問題は、演奏会のリハーサルで解消できることだし、演奏してるメンバーの感触も良かったようだし少し安心。



で、肝心の本番。

演奏した4曲は、今年の活動でいちばん長い間演奏してきた曲だから何も心配はなかったです。心配してた開会宣言の後のファンファーレもちょっとだけ遅れてしまったような感じだったけど無難にできたと思う。



本番後の練習では、演奏会3部の曲も決まりこれから本番に向けて頑張っていかないといけません。割くねんとは違った緊張感ですけど、できる限りのことはしたいなと思ってます。

広告を非表示にする